もしうつと診断されたら【病気と向き合う方法を調査】

ひとりで悩まないでお医者さんに相談しよう

心の病は見えません

男の人

自分は病気だという認識

なんだか気分がすぐれなかったり、食欲もなかったりすることもあります。不眠が続く人もいるでしょう。そんな症状が気になる場合は、心療内科や精神科で検査してもらうのが得策です。しかし、万が一うつと診断された後、どう病気と向き合えば良いのか、悪化させない為にどんな生活を送れば良いのかとても気になるところです。うつと診断されても身体的になにか特徴が現れるワケではありませんから、周りから理解されにくい病気です。ふとした時に、自分は病気なのだろうかという疑問も感じることもあります。しっかりとうつを治療するならば、「自分は病気である」という認識をする必要があります。治療のメインは投薬です。ドクターの診断から適切な薬が処方されますが、その薬はきっちり飲み切りましょう。また、うつの特徴として日内変動があります。朝とても調子が悪く、陽が落ちるにつれ気分が良くなっていきます。それ以外でも、気分の抑揚が激しいです。気分が落ち込んでいるときは薬に頼ろうときちんと薬を飲むのですが、気分が良い時は薬を飲むのを忘れがちになります。そのため、常に自分は病気なのだという認識をしっかり持ち、気分の上がり下がりに関係なく、処方された薬は飲み切りましょう。うつの薬は緊張を和らげるものが多く、その為眠気を誘う成分が含まれていることも少なくありません。なので、仕事で車を運転する方や、機械を操作することがある方は注意が必要です。うつの治療は投薬がメインですが、日常生活を見直すことで症状が改善することもあります。しかし、無理に改善をしようとすると悪化する恐れもありますので、出来る範囲でゆっくり生活改善するのも良いでしょう。うつは脳内神経伝達物質のセロトニンの不足で引き起こされやすいと言われています。そのセロトニンを増やすことも治療の一つです。うつは身体が動きにくくなります。外出などの行動をする気持ちが出てきません。しかしながら、家でじっとしているとネガティブな思考になってしまうので、うつの原因とされるセロトニン不足に拍車がかかります。陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が促され、身体がリラックスします。診断されても、仕事や家事は行わなければなりません。周囲から見れば身体に異変が無いので、健康だと思われているのがうつの厄介なところです。そこで周りの雰囲気に流されて無理をすると悪化の一途をたどります。自分は病気なのだと認識し、自分の心が穏やかになる方法で仕事や家事を行いましょう。もしかしたら、理解の無い他人からは怠けていると思われるかもしれません。そんな他人の目を気にせず、自分は病気で治療中なのだと認識することで、他人の目も気にならなくなるのではないでしょうか。

聴診器

精神科の治療で光を見出す

うつ病治療が初めてとなる方は、幅広い治療法に対応している精神科を受診して、正確な診断を下してもらうことが大切です。一方、再発して新たな施設を探すなら、過去の治療経験に基づき相性の良い医療機関を見つけていきましょう。

View Detail

ウーマン

うつ病は治療が大切

うつ病は、今の社会ならだれにでも起こる可能性がある病気です。少しでも早く心療内科、または精神科に行き、医師に相談することが大切です。医師に相談すれば、根本的な改善へ向けての近道になります。うつ病と診断されても決して怖がることはありません。

View Detail

カウンセリング

治療方法や費用について

自身のつらい症状にうつ病の疑いがあるのなら、ドクターにきちんと診断してもらうことが最善です。色々な治療方法を提供してくれるクリニックがあり、治療費を安くする方法もあるため、つらいのなら早めに適切な医療機関に訪れましょう。

View Detail

医療

種類別の症状と特徴

うつ病には原因や症状によって様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。診断は専門医による必要があり、まずは正しく状況を理解して、原因や対処法などそれぞれの症状に合わせたものが選択される必要があります。

View Detail