もしうつと診断されたら【病気と向き合う方法を調査】

男性

精神科の治療で光を見出す

聴診器

適した治療を受けるには

精神的なケアを受けられる施設は様々存在しており、受診すればストレスによる心の悩みや体の不調を改善させることができます。特にうつ病などが疑われる症状があるのなら、早急に受診することが求められます。しかし、初めての受診となる場合は、どの医療機関を受診すれば良いのか迷ってしまうものです。特にうつ症状がある場合は、心療内科で診てもらうのか、精神科で診てもらう方が良いのか判断に迷うものです。うつ病時には脳内の神経伝物質が正常に働いていない状態にあるため、より医療的ケアに特化した施設への受診が求められます。そのため、特有の症状がみられるなら、まず精神科や神経科と呼ばれる医療機関を受診し正確な診断のもと治療を受けること大切です。ちなみに、精神科も神経科も呼び名が違うだけで同一の診療内容となります。症状の出方は人によりけりで、十人いればその人数分だけ症状のパターンがあります。耳鳴りやめまいなどの身体的な不具合や、極度の落ち込み、気力の消失など精神面の不具合が顕著に出る場合もあります。また、典型的なうつ症状に加え、気分の起伏が激しい躁うつ、高齢者にみられる後退期うつなど、病態は複数に分類されます。個々に適した治療を受けるためには、精神科で確実な診断を下してもらう必要があるのです。初めての受診となる場合は、幅広い治療を行っている施設を利用すると良いでしょう。精神科で行われる治療は、薬の処方はもとより、認知行動療法や対人関係に基づく治療、磁気刺激療法など様々です。前述のようにうつ症状といっても人それぞれなため、最適な治療を受けるには幅広いアプローチが可能な施設が適しています。そういった施設であれば、最適な治療法を見出すために正確な診断結果を導き出してくれます。また、回復後一定の期間を置いて症状が再発してしまうケースも多々見られます。そういった方が新たな施設を見つける際には、これまでの治療経験を鑑みながら適した施設を見つけることが肝心です。薬の処方や認知行動療法など、特定の治療でうまく回復した経験があるなら、同様の治療を受けられる施設を探すのも良いでしょう。もし過去に受けた治療で良好な結果が得られなかった場合は、ほかの治療法を得意としている施設を探すのも良い判断です。診断内容が施設によって変わってくることもあるため、施設との相性は何より重視しなければなりません。一つの施設に固執せず、自身に適した精神科を見つけることが、うつを克服する上では重要になります。極力薬に頼らない治療プログラムを組んでいる施設や、磁気刺激療法に力を入れているところなど様々なので、選択肢は豊富です。